借りれたコラム

キャッシングの危険ライン

キャッシングするときは、お金を借りるラインを明確にしておきましょう。
お金に対する価値観や意識を忘れずに持つことで、キャッシングは有益に利用できます。

一般的にこれ以上は危険と注意すべきラインは“借入額が年収と同額”もしくは“毎月の返済額が収入の20%を超える”と注意が必要になってきます。
ちなみに、ある統計では多重債務者の多くが150万円以上借りているということもあり、“150万円が危険ライン”というデータも出ています。
キャッシングのタイプにはいろんな種類があり、最近では主婦や学生などアルバイトやパートで働く人に用意されたキャッシングもあります。
収入や仕事面で通常のキャッシングでは審査には通らないという方は、こういった「学生キャッシング」「レディースキャッシング」などを利用している人も少なくはないでしょう。
ただ、安定した収入がないことから、返済はより計画的にする必要がありますね。

データ的な金額は150万円ですが、返済するために別の金融会社から借入をするようになると危険です。
ただ最近、こういった借金問題を解決する法改正も成立しましたので、借金に悩む人も減ると考えられます。

▲ページTOPへ