借りれたコラム

複数の借入の怖い所

 あなたは消費者金融から最初に借入を行った時、「きちんと毎月返済していこう」と強く心に誓ったことと思います。

しかし、生活には波があるも。
しばらくして、再度借入の必要に迫られました。
こんな時、あなたはどうしますか。
 「前の分は順調に返しているから、多少借入額が増えても大丈夫だろう」。

 そんな風に考えてはいないでしょうか。
実は、ここが複数の借入の怖い所なのです。
 返済のシミュレーションをしてみると分かるのですが、利息分の返済割合というのは、最初の月が一番多く、そこから徐々に減っていきます。
これは、元利均等でも元金均等でも同じです。
つまり、返済からしばらくは、元金はあまり減っていないことになります。
 その状態で借入額を増やしてしまうと、どうなるでしょうか。
また一番高い利息を払う状態が発生することになります。

こうなると、返済額に対する利息の割合が高くなり、結果として「元金がなかなか減っていかない」状態となってしまうのです。
 当然のことながら利息だけの返済では、完済することはできません。
完済するには、毎回の返済額を増やすか、借入額を維持した状態で、一定以上の回数返済を続けることが必要になるわけです。
しかし、現実問題として、毎回の返済額を増やすことは難しいと言えます。
それでも、日々の生活が改善されなければ、借入の誘惑が襲ってくることでしょう。
この誘惑に乗ってしまい、借入額を増やしていくと、行き着く先は、「返済地獄」ということになってしまいます。

▲ページTOPへ