一本化(おまとめ)について

一本化を申し込むときの注意点

複数の借り入れをまとめて、返済額を軽減することが出来るのが、「一本化」です。

返済が楽になるほか、返済の管理もしやすいという利点があり、多重債務を抱える人たちが利用を考えます。

そこで、一本化を申し込むときに注意する点を考えて見ましょう。

まず、今現在抱えている借り入れの返済状態を正確に把握してください。

借り入れ総額はいくらになるでしょうか?
300万円以上になると、無担保というわけにはいかない場合があるため、注意が必要です。

また、一本化した後の借り入れ総額と新たな金利で利息がいくらになるかを計算してみてください。

たとえ低金利で借り替えても、元金は大きいわけですから、月々に換算して、今より本当に楽になるのか調べて見ましょう

一本化を実行する時は当然低金利のローンを探すべきですが、そういったものほど借りにくいというのが現状となります。

そのため、「おまとめ」や「一本化」などを積極的に受け入れてくれる金融会社を選びましょう

また、申し込みは理想的な会社から順番に行ってください
一度に何社も申し込んでしまうと、信用情報機関のほうで「多重債務者」のように映ってしまいますので、多くても2、3社にとどめて、結果を待ちます

もし全社に断られた場合には、すぐに再申し込みはせず、半年ほど間をあけた方が○
なぜなら、申し込みの情報が残っているうちは審査に通りにくいためです。

そして基本ではありますが、名前、住所、電話番号、職業などの個人情報は偽ることなく、正確に申告してください。

もちろん現状の債務についても同様です。

ウソを書いて審査に通ることはまずありませんからね

それから、一本化に関するあまりにも甘い文句には充分警戒しましょう
悪質な業者がいるのも事実だからです。

ときどき見かける1000万円以上の無担保ローン、実質年率が10%を割る高額ローンなどは、眉にツバしてかかりましょう(苦笑)

▲ページTOPへ