借りれたコラム

審査に重要なポイントは?2

審査に重要なポイントはまだあるようです。

社会的には年配の方ほど信頼性は高く、と考えられます。
クレジットカードの審査も同じではないでしょうか。
しかしキャッシングにおいては、職があることを前提として若い人ほど審査に通りやすく、年配の方ほど審査に通りにくくなるらしい。
若い人の場合は一般的に収入が少なく、この年代であればお金が足りなくなってしまうことはよく起こる事として考えられる。
そのためそれほど評価が下がる事も無く、将来的には年齢と比例して収入が増えていくと考えられるので返済能力はあるとされるらしい。
またたとえ職を失ったとしても、次の職を見つけやすい年齢である点も考慮されているらしい。
しかし、これも景気に左右されると考えられると自分は思う。
その辺は審査基準を柔軟に変えているのではないだろうか。

一方で年配の方は一般的に貯蓄もあり収入に困ることは少ないと考えられており、若い年代の方と比べるとどうしても信用性の観点で審査の通過率が低くなるらしい。
そのため年配の方は他の審査通過ポイントで自分自身の信用性を高める必要がありそうだ。
まあ確かに貯蓄があるので借りる必要があるかは確かにぎもんですね。
さらに次ののポイントとして年収が挙げられます。
年収は利用者の返済能力があるかの判断とどの程度の限度額なら返済可能かを調べる判断基準となるでしょう。
つまり年収が多ければもちろん審査には通りやすくなります。

そのためまず審査に通過するために、定職に就くことが重要です。
年収が高く一定の収入があり返済能力が高いと認められることで、消費者金融の審査に通過しやすくなるといえるでしょう。
また年収はどの程度の限度額なら返済可能かを調べる判断基準にもなっています。

条件や時代によっても変わってきますが、限度額は一般的に年収の10%程度が一つの目安らしい。
返済実績の無い新規の方であれば限度額が低下する場合もあるので注意は必要です。
まあ返済実績を積んで信頼性を高めていけば年収に応じて限度額も段々と高くなっていくらしいので自分の収入額を高める事も重要だ。

▲ページTOPへ